大きな筋肉を手に入れるために大切なこと、筋肉伝道師

大きな筋肉を手に入れるために大切なこと、筋肉伝道師

 

 

大きな筋肉を手に入れるために大切なことを伝えていきます。
綺麗な筋肉の伝道師に私はなりたい。

 

 

筋トレをやるうえで気をつけることは、長期に継続できること内容が大切です。

 

 

短期の結果を求めすぎ、無理な計画をたて、身体に高負荷をあたえ、体を壊したのでは意味はありません。結果がほしいばかりに短期、無理な目標を立て、その条件をクリアしようとすると、日常の生活に狂いがでて、逆効果になります。そのようにならないためには身近な空間でやることが大切ですし、時間にも余裕をもたせ、最初は15分程度の軽めの筋トレから始めるのが大切です。

 

 

ほんの少しの努力で、長期に継続ができ、習慣にできる無理のない計画が大切です。次に食生活も大切です。5代栄養素をまんべんなくとること。日常の生活では快食、快眠、快便が大切です。筋トレだからと過度にタンパク質を多くとるのも決して良くありません。今までの食生活で、ほんの少し、5代栄養素を中心にまんべんなくとるよう心掛けることが大切です。

 

 

次にトレーニング方法ですが、短期で、高負荷のものはよくはありませんし、資金面でも手軽な機材で始められるようなトレーニングで始めるのがよいです。例えば縄跳び、軽いジョキングの後、軽く飛び跳ねたり、腕足て伏せ、腹筋などから始めるがお勧めです。徐々にその負荷を加えていくのが大切です。また、住まいの近くにスポーツジムがあれば、それを活用するのも有意義です。

 

 

一般に専門のインストラクターがおり、的確なアドバイスが受けられますし、そこで、お気に入りの人と出会ったり、互いに楽しみながら和気あいあいと楽しい感じで、継続するのもよいです。また、身近な空間として、お住まいの近くに公園、河川、森などがあれば、そこに出かけ、トレーニングするのも、有意義です。自然はそれ自体にエネルギーがあり、日々、変化があります。

 

 

その刺激感覚が心地よい快適さを生みます。少しだけでですが、非日常の空間、時間を過ごすことができます。まとめとして、筋トレで大切なのは長期に継続できること。計画に無理がないこと。日常の生活を大きく変えないこと。自然、ジムなどを活用することで飽きを防ぎ、単調にならないことが大切です。

 

 

しなやかな筋肉をつけるための筋トレに必要なものとは

 

筋トレをする目的は色々あります。ダイエットのための基礎代謝力を上げるために、筋肉をつけたい人もいるでしょう。

 

 

また筋力が落ちてきたので、再強化したいという人もいるでしょう。勿論、ちょっと自慢したい筋肉をつけようと頑張る人もいるでしょう。これら目的は色々でも、特に女性の場合は同じ筋肉でも、しなやかでこれ見よがしではない筋肉をつけたい、と思っているはずです。ボディビルダーでない限り、ムキムキの筋肉よりしなやかな筋肉でと思う人がほとんどだと思われます。

 

 

さて実際に筋トレしようとした場合、ジムに通うかそれとも家で黙々とメニューをこなすかがまず問題になります。お財布の中身や空き時間の問題なども含めて、どちらにするかを選ぶとよいでしょう。ジムだとお金は少々かかりますが、スタッフがメニューを作ってくれますので安心してトレーニングが出来ます。一方家でやる場合、下手をすると怠けてしまうという欠点もありますが、自分のペースで出来るという長所もあります。

 

 

その辺りも計算に入れて、どちらにするか選びましょう。それも決まって本格的に筋トレを始めたら、そしてメニューに慣れてきたらしっかりとチェックしておいた方がいいことがあります。それは呼吸です。筋トレのメニューをこなしつつ、ちゃんと呼吸が出来ているかをチェックしましょう。それも浅い呼吸ではなく、横隔膜の辺りまでちゃんと吸って吐いてが出来ているかが大事です。

 

 

元々呼吸を吐く時に筋肉や関節は緩みます。吸う時に力が入ります。きちんと吸って吐くということは、力を入れるだけでなくちゃんと筋肉を緩めると言うことにつながるのです。そして加えて、脂肪は呼吸を吐く時に燃焼されます。深い呼吸ならその分、燃焼も大きくなります。呼吸が入る時にそして筋肉が鍛えられます。逆の例としては、無理な運動をすると呼吸が止まるのを感じることが出来ます。

 

この時筋肉は固まってしまうので、いわゆる力こぶ的な感じに固まることになります。体が硬い筋肉で覆われる危険性があるということです。脂肪を燃焼させつつしなやかな筋肉をつけたい場合、無理をしすぎない筋トレで呼吸のインアウトをしっかりすることをおすすめします。

 

 

金剛筋シャツ